潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 潜在看護師の復職の基礎 >> 潜在看護師の離職理由

潜在看護師の離職理由

看護師の職場は一般に医療現場、主に病院に勤務するものと考えられていますが、高齢化社会によって必要とされる職場は広がる傾向にあります。例えば、介護施設、グルーブホーム、訪問介護などがあります。このことから、医療従事者の不足が慢性化しています。そして潜在看護師の推移と比例しています。潜在看護師とは、資格を持っているにもかかわらず現場に従事していない人のことです。看護師は離職率の高い職業として知られています。これには資格取得者の多くが女性であるということが関係しています。離職理由の多くは、結婚、出産、子育てなどとなっています。特に子育てには体力も時間もかかります。家庭生活や子育てを円満に行うためには、潜在看護師となる道を選ぶことが最良と考える人が多いのです。中には、自分の家族の介護のために離職するという人も少なくありません。

その他には、医療現場の過酷さも離職理由となっています。高齢者社会になり、患者の数は増える傾向にあります。さらに、医療技術の進歩によって高度治療になるほど看護師にかかる負担も大きくなっているのです。本来の仕事をこなしながら、新しい技術や知識の修得も必要とされます。中には、このような技術の刷新についていけずに職を離れてしまう人もいます。

看護師の仕事は、ローテーションによる24時間勤務が基本です。しかし、受け持ちの患者の状態によっては勤務時間後も気が抜けない状態が続くのです。慢性的な看護師不足によって、日勤後に深夜までの残務をするということも日常茶飯事になっていると言われています。医療現場にいながら慢性疲労に悩む看護師も少なくありません。さらに、医療現場では常に100%が求められます。ついうっかりは許されませんので、常に気を張っていることが当然のこととなっています。このことからくるストレスよって体調をくずしてしまう人も多く、離職理由のひとつと考えられています。

看護師の離職理由は単純ではありません。複合的に様々な理由が重なっての決断というケースは少なくないのです。潜在看護師の中には、子育てや家族の介護が一段落して、再び医療現場に戻りたいという希望を持っている人もあます。しかし、現場の現状を考えると不安の方が先にたって、なかなか重い腰を上げることができないというのが実情のようです。問題山積の看護師の職場ですが、潜在看護師の復職を促し、看護現場の人手不足を解消するにはこれらの問題の解決が必要です。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.