潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 潜在看護師の復職の基礎 >> 潜在看護師の研修・復職支援

潜在看護師の研修・復職支援

病気やケガで医療機関にかかる場合、医師がいることは当然ですが看護師の存在も必ず必要です。しかし、生活の環境によっては途中で離職しなければならない人が増えています。そのような人を潜在看護師と呼んでいますが、医療現場では看護従事者の不足は深刻な問題となっています。事態の改善には医療研修などの復職支援をすることが必要・急務となっています。ただし、仕事のブランクが長いほど、仕事に対する不安が大きいということを忘れるわけにはいきません。例えば、休職後に導入された医療機器の機能や医療機器についての知識や使用方法の修得、電子カルテの取り扱い方法、新しい薬の処方など新しい業務については熟練するまでには時間がかかります。さらに、休職前までには熟知していたはずの技術においても感を取り戻すまでに少し時間が必要であることは、覚悟しておかなければなりません。再就職した職場の規則やシステムなどに慣れるまでの時間も必要であることも忘れてはなりません。

潜在看護師は即戦力が期待されていることが多いのですが、このような研修なしには職場に復帰するのは無理があると考えられます。バックアップ体制の整備が整わない限りは、安心して戻ることができないのかもしれません。もちろん、雇用主となる病院側もこのようなことは痛感しています。医療の現場は命に直結していますので、半端な技術や認識だけではとても勤まるものではないからです。小さなミスが大きなミスにつながる可能性もあるため慎重に慎重を重ねなくてはならないのです。

医療の現場はこのようなことを認識しつつ、様々なサポート体制の整備を始めています。特に必要な研修は雇用する病院や看護師協会、求人会社などで積極的に行われています。ほとんどは無料となっていますが、中には費用が掛かる場合もあります。

またこれまで研修は書類や文書での説明が主体だったのですが、それでは修得に不安が残るという声に応じて、実地を交えて行なわれるようになりました。これによって、実際の現場と同様のケアが行えるため、確実に修得できる環境が整いました。さらに、子供がいる人に対してのケアも行われています。夜勤のローテーションを少なくする、日勤のみにするなどの配慮がされています。また、病院内に託児所を設けたり、近隣に保育所を確保してくれる病院もあります。家庭を持っている潜在看護師が再就職をするためには、家庭と職場の両立ができることは必須条件なのです。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.