潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 潜在看護師の復職の基礎 >> 潜在看護師の再就職成功のために

潜在看護師の再就職成功のために

看護師に限らず、何らかの事情で仕事を中断したとしても再就職を希望する人が多くいます。仕事のブランクの年数は人によって様々です。潜在看護師の場合、ブランク年数は平均すると5年から10年が多いと言われています。仕事を探す方法としてはハローワークの利用が一般的です。利用方法は一般の人と変わりはありません。まずは、ハローワークカードの交付が必要です。求職申込書には希望する条件を記入するようになっていますので、時短、日勤のみなどと記入をして提出します。担当者と相談をすることも可能ですが、自分で専用の端末機で検索をすることもできます。

しかし、ハローワークで探した求人の場合には、紹介状をもらって面接に向かうことが必要です。面接からは自己責任ということになります。ハローワークは職業全般に対しての紹介を行っていますので、特殊な条件には対応しきれませんし、看護師の求人もそれほど多くありません。そのため、細かい条件に合った職場を見つけるのは難しいと言われています。

看護協会でも転職や潜在看護師のための再就職の手伝いをしています。看護協会というのは、看護師の専門技能や維持向上のために研修を行ったり、雇用や労働条件の改善の推進も目的として運営されている機関です。看護協会が正式名称です。ここには、ナースパンクという再就職のための機関が併設されていて、転職や再就職の支援をしています。インターネットで看護師の求人情報をチェックすることができます。応募の条件を絞って検索をすることができますので、自分の希望に近い情報を入手することが可能です。インターネットを利用していますので、もちろん、自分の都合の良い時間に仕事の検索をすることができます。自宅にいながらにして24時間365日探すことができますので、非常に便利です。

他にもインターネット上には求人情報サイトが数多くあります。さらに、看護師に特化したサイトも複数あります。これらの多くのサイトは登録無料で細かい条件を設定して仕事を探すことが可能です。専属のコーディネーターが間に入って条件の調整などの折衝をしてくれるのが特徴です。潜在看護師問題は深刻です。働き口はたくさんありますし、細かい条件もクリアできる可能性もありますので、復職意欲があるのなら活用するとよいでしょう。再就職を希望するのであれば、看護師専用の職業を紹介している会社を利用したほうが見つかりやすいといえるでしょう。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.