潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 潜在看護師の復職の基礎 >> 潜在看護師とは

潜在看護師とは

潜在看護師というのは、資格は持っているにもかかわらずその仕事をしていない人ことをいいます。中には非常に優秀な人やベテランもいると推測されます。看護師は女性限定の職業ではありません。男性もいます。しかし、圧倒的に女性の比率が多くなっています。そのため、結婚、出産などによって仕事を辞めざるを得なくなり離職の道を選ぶ人が多いのです。中には両立を目指して頑張っている人もいますが、看護の仕事は肉体労働ですし過酷です。さらに人の生死にかかわる仕事ですからミスは許されません。そのため、精神的にも非常に大きな負担があることから継続が難しいとも言われているのです。

医療現場の大きな悩みとして、医師・看護師不足があります。特に、看護師の離職率は非常に高く、多くの医療現場で不足していることが社会問題としても取り上げられています。看護の知識のある人の活躍の場は、病院だけではありません。介護の現場においても需要が高まっています。そのため、今後不足のスパイラルが続くことが予測されています。看護師の資格は国家試験です。せっかく難しい勉強をして国家試験に通っても、数年で職場を離れてしまう人が多くなっています。残念ですが、離職率の高い職業のトップの常連となっているのです。

実は看護師学校の卒業生は減少しているわけではありません。資格の取得者も増えてはいるのです。にもかかわらず、看護師不足が社会問題になっている裏には、医療現場の職場環境の整備の遅れも原因のひとつとなってます。潜在看護師の中にも、子育てや介護が一段落して復職を希望する人はいます。しかし、就労条件が合わないために職場復帰に踏み切れない人が多くいるのです。非常に多く存在している潜在看護師が職場復帰に意欲を持つためには、職場環境や就労環境の整備が必要です。就労時間、就労日、就労場所などの条件のクリアが解消のためには必要です。

もうひとつのポイントはブランクの間の技術力や知識の遅れです。ブランク期間の技術や知識を埋めるためには現場での研修制度などが必要です。そのため多くの転職あっせん会社や病院では積極的にこのような研修制度を設けて、復職に際しての不安を解消する工夫をしています。潜在看護師は即戦力として働いてもらうことが可能なため、どの病院でも必要な人材として確保したいと考えています。できる限り求人希望者の条件に合うように工夫をして、医療現場での不安の解消に努めています。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.