潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 地域別の潜在看護師の研修 >> 潜在看護師の復職の研修<横浜>

潜在看護師の復職の研修<横浜>

大きな社会問題として取り上げられていることのひとつに看護師不足があります。大都市の横浜においてもこのような現象は見られます。病院、クリニック、介護施設などが非常に多くあるのですが、これらの施設の需要に対して十分な人手を確保することができなくなっています。このような問題を解消するために外国からの研修生を受け入れて資格取得を推進するという取組みもされていましたが、日本語の壁がその取組みを阻んでしまい、根本的な人手不足の解消策とはなりませんでした。

看護師は国家資格合格者数だけから推測すると不足はしていません。また、看護学校への入学者数も減少しているわけではなのです。数字の上ではこのような慢性的な社会問題になることは予測できなかったのです。慢性的な医療現場の人材不足の原因には潜在看護師の存在が大きいと言われています。国家資格を持っているにも関わらず、現場で活用されていない資格が非常に多くあるということです。

人手が不足している原因のひとつには潜在看護師の存在があります。資格を持っていても家庭の事情などから就労することが難しい人のことを言います。たとえば、子育て、介護、健康上の理由などが考えられます。看護師の職に就いている男女比は圧倒的に女性の方が多くなっています。そのため、離職理由も子育て、出産などが多くなっています。そのため、人手不足解消には特に女性が再び現場に復帰できる環境を整えることで、問題解消の方向性が見えるといわれています。

横浜市では毎年、看護職員の確保に関するアンケートを医療関係機関に行っています。その結果をもとに人手不足の解消の方法を模索しています。たとえば再就職対策をしている医療機関に対して、復職支援事業補助金を実施しています。横浜で開業している医療機関は協力して潜在看護師が安心して復職できるための研修やセミナーを開催しています。休職している間のプランクを埋めるためには、このような研修に積極的に参加するとよいでしょう。医療機関以外では、人材紹介会社でも独自の研修を開催しています。内容や告知はホームページなどで確認するとができます。また、登録することによって、求人情報を出している医療機関において開催されるセミナーなどの情報も簡単に検索することが可能になります。潜在看護師の復職には不安がつきものですが、このような取り組みを積極的に活用すれば自信を持って復職することができるでしょう。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.