潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 地域別の潜在看護師の研修 >> 潜在看護師の復職の研修<東京>

潜在看護師の復職の研修<東京>

医療現場の人手が不足していることで、救急搬送された患者の受け入れ拒否などの問題が発生しています。これは大きな社会問題として取り上げられていますが、根本的な解決策は見出されていません。そもそも、看護師の数は資格取得状況だけから推測すると不足してはいないのです。ではどうして不足してしまうのかと言えば、潜在看護師の増加が理由のひとつとされています。この現象は全国的に見られますが、大都市東京においても例外ではありません。

看護師という職業は、資格取得者の数も就労者の数も女性が圧倒的に多くなっています。このことが看護師の不足を誘因しているのです。というのも、出産、子育てをする女性にとって家庭との両立をするには難しい職業であるからなのです。職業の特徴から24時間体制であることや、ストレスの多い職場であることで両立が難しいと考え離職する人が多いのです。人手不足解消には潜在看護師の解消が急務となります。たとえば、子育てが一段落した人の中には再就職に意欲的な人も数多くいます。東京には大病院が集中していますが、中小規模の医療施設も他県に比べると多く存在しています。そのため、求人数も多いので再就職の場を探すには困ることはないでしょう。しかし、現場を離れていたブランクが不安の種となって躊躇するケースも少なくありません。医療機器や病院の仕組みの変化を確認しなくてはならないのです。安心して再就職できる環境、安心して受け入がてきる環境をつくることが必要になります。資格があるというだけで、すぐに現場復帰ができるという職場ではないのがその理由です。

東京都では、看護協会に委託して再就職を希望する潜在看護師のために研修や相談を実施しています。研修内容はバラエティーに富んでいて、必要であると考える医療についての知識を広範囲にわたって再修得できるプログラムになっています。例えば、模型や医療機器を使用した演習、病棟においての実習などがあります。ホームページなどで情報を入手できますので、積極的に活用するとよいでしょう。研修を受けてブランク期間の医療関連の知識を埋めることができれば、再就職にも自信をもって臨めます。

人材紹介会社でも潜在看護師の再就職支援をしています。無料で登録をするだけでたくさんの求人情報を入手することができて便利です。求人情報ばかりでなく、研修やセミナーを実施している会社もありますし、登録されている医療機関の情報を知ることもできます。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.