潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 地域別の潜在看護師の研修 >> 潜在看護師の復職の研修<大阪>

潜在看護師の復職の研修<大阪>

深刻な社会問題となっているのが医療現場における人手不足です。救急搬送にもかかわらず長時間にわたって病院をたらいまわしにされるという問題が発生しています。医者や看護師不足は大阪でも発生している問題です。大都市圏には大きな病院が地方に比べると数多くあります。また、クリニックや介護関連の施設も多くあります。このことによって、人材確保が非常に困難な状態に陥っているのです。しかし、統計上では人材不足の資料は見当たらないのです。看護師は厚生労働省管轄の国家試験ですが、合格者の数は毎年コンスタントにあり減少しているわけではないのです。また、看護学校生の入学数も減少しているということもないのです。

大阪をはじめとする日本全国で慢性的な人材不足傾向になっている原因として考えられることは、潜在看護師の存在です。看護職の大部分は女性が占めています。女性の場合、結婚や出産によって離職する確率が高くなっています。そのため、現場では人手が足りなくなるという現象が起こっています。このような問題の解決には、離職した潜在看護師を復職させることが早道です。子育てが一段落した資格保有者を現場に戻すことが最も良い方法と考えられています。しかし、それにも問題があります。離職していた間の看護に関わる情報や知識、医療機器についての知識の穴埋めが必要となるのです。

大阪府では、ナースセンターを運営してこのような問題の解決に努めています。運営内容には、看護職員の不足解消や潜在看護職員の再雇用の促進です。ナースバンクを実施して再就職のための情報も提供しています。また、再就職に必要な講習会や研修会の開催も行っています。特に力を入れているのが潜在看護師の再就職支援で、就業協力員を配属して支援をしています。また、e-ラーニングシステムを活用しての研修体制の構築をしていることも大阪の支援の特徴です。

病院単位でも個々に研修会の開催を行っています。その他にも、人材紹介会社などで独自のスキルアップのための研修会などを積極的に開催しています。このように医療機関への人材確保のために、いろいろな工夫がされています。潜在看護師の中には子育てがひと段落して復職を考える人もいます。しかし、ブランクがあることに不安を抱えている人が多くいることも現実です。しかし、いろいろな方法を利用してブランクを上手に埋めることができれば不安も解消でき、積極的に求職をするようになれるでしょう。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.