潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 地域別の潜在看護師の研修 >> 潜在看護師の復職の研修<沖縄>

潜在看護師の復職の研修<沖縄>

沖縄の医療現場における問題はやはり潜在看護師の増加による人手不足です。病院やクリニックに看護師が不足しているため、救急指定を辞退する医療機関が増えているといわれています。看護師の男女比をみると圧倒的に女性が多くなっています。約9割が女性なのです。出産は女性にしかできませんし、子育てにおいても女性が関わる比率の方が高いです。家庭との両立をしている人もいますが、現実問題として時間的に無理がありますし、精神的にも肉体的にも難しいと考えるのが一般的です。そのため、離職を余儀なくされるケースが多くなっているのです。

沖縄県看護師協会では、医療現場のこのような状態を深刻にとらえ、解消方法を模索しています。その方法のひとつとして、病院など雇用者側と協力して復職支援事業を行なっています。潜在看護師のための再就職支援事業として研修を行いスムーズに現場に復帰できるように事業を推進しています。潜在看護師が復職をするにあたって最も危惧している点は、ブランク期間の穴埋めです。日進月歩する医療現場の知識や技術の修得に遅れをとっていることが大きな不安となっているのです。その不安を解消することで復職に対する意欲が現実のものとなる人も少なくないのです。

沖縄の看護師不足はこれから国家試験を受験する人の養成を待っていては間に合いません。そのため、すでに知識と経験を持った潜在看護師向けに研修会を開催して復職してもらうことが重要なのです。ただし、離職した原因を取り除く努力なしではますます人材不足に拍車がかかってしまいます。考え得る離職の最も多い理由は出産でしょう。子供を産むことは女性にとっては命がけの大仕事です。出産後数日で職場復帰を果たす強者もいますが、乳幼児のことを考えると一般には短期間で職場復帰をすることはとてもできません。出産後一段落しても子育てという大仕事が待っていますので、再就業の時期が遠のいてしまうケースが多くなります。出産、子育てが一段落するまでには数年が必要です。さらにその間の医療現場の変化を考えると復帰に自信を失ってしまう人も多くいるのが現状です。

女性看護師が置かれている状況を把握し、改善することで再就業に意欲的になる人は増えるのでしょう。復職支援事業においてはこのような点にしっかりと考慮することが大切なのです。就業条件が家庭の状況に対応できること、ブランクの期間のサポートを研修で補完できることなどが最低限必要でしょう。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.