潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法>

TOP >> 地域別の潜在看護師の研修 >> 潜在看護師の復職の研修<広島>

潜在看護師の復職の研修<広島>

多くの都道府県では、看護師不足を解消するためにさまざまな取り組みがされています。広島県でもここ数年続く慢性的な看護師不足を解消するために、潜在看護師の復職支援プログラムが設けられています。県や市町村、または民間病院が開催している復職支援プログラムに参加することで、無理なく医療現場に復帰することができた看護師も多くいます。

多くの潜在看護師が復職を躊躇してしまう主な原因は、ブランク期間に医療技術が進歩することで、自分が働いていた時の医療知識や技術では対応することができないのではないかと考えることです。広島県では、復職を希望する潜在看護師を対象にした研修が5日間、10日間、15日間の3コースに分かれて設けられています。研修内容は導尿、吸引、採血、駐車、輸液管理などの技術的な面や、看護記録、検査データの見方、感染防止対策、医療安全対策など事務的な面も細かくサポートしています。

潜在看護師向けの求人募集は、県内でも多くの病院や医療機関が集中する広島市内に見つけることができます。そのなかでも特に病院や医療施設の求人が多いのは中区、南区、西区、佐南区のエリアになります。求人内容の条件は各病院により異なりますが、年間休日が120日以上や残業が少な目、託児所、保育所併設の病院などもあるため、出産や育児ゆえに医療現場を離れ潜在看護師となった女性看護師には復帰する良いきっかけとなることでしょう。

長期間、潜在看護師であっても県や各医療機関が主催する復職支援セミナーを受講することで、ブランクを取り戻すことが十分に可能です。とりわけ広島県内には多くの医療機関で復職、再就職支援セミナーが企画されています。まずはセミナーに参加してみることで、看護師として感じていた満足感ややりがいを思い出すこともあります。また自分と同じような心境や境遇でセミナーに参加し共に復職を目指せる仲間を見いだせる可能性もあります。

看護師としての仕事は決して楽なものではありません。長時間労働からくる身体的な疲れや患者さんの命に関わる治療にも携わるため、精神的にも負担を抱えることがあります。しかし看護師として働いた経験があるゆえに、復職した際には何に気を付けるべきか、どのように問題に対処するべきかをあらかじめ理解している強みがあります。加えて広島県内には潜在看護師が再び医療現場で活躍することを支援できる病院、医療施設が多くあることも大きな強みになります。



>潜在看護師の復職ならここ!大手リクルートが安心!<



Copyright (C) 2015-2017 潜在看護師.jp<※ブランクから復職する方法> All Rights Reserved.